3Dスキャン全自動放射線量測定システム

技術概要

システム概要


放射線管理区域等で実施する様々な工事及び、作業に用いる資材・機械器具、その過程で生じる廃棄物は、すべて放射線量の測定が行われます。
これらの多量な資機材や廃棄物は、大きさや形状が多岐にわたるため、そのほとんどが人の手作業で行われます。

このような背景から、多様な形状の測定対象物を安全に搬出するため、ロボットアームを活用した細部形状の測定を可能とする全自動放射線量測定システムの開発に臨みました。

このシステムを開発することにより、迅速かつ確実に放射線量を測定し、安全な作業環境を創り出すことに貢献します。

 

コンセプト


【1】自動化による測定の効率化
【2】機械測定による確実性の向上
【3】作業員の被ばく量低減
【4】細部形状の測定を実現
【5】地元企業による地域の活性化

 

解説動画


 

技術の特徴

【1】3Dカメラ


コンベヤ上の測定物の外形形状を3Dカメラにて撮像し、3次元座標上に形状データを生成


 

【2】全体測定


2-1.全体測定装置(ロボット部)

全体測定装置を搭載したロボットにて測定物の放射線量を広範囲に測定し、正常値と異常値を判定。

 

2-2.全体測定装置(コンベヤ部)

全体測定装置にて測定物底面の放射線量を広範囲に測定し、正常値と異常値を判定。

 

【3】詳細測定


3-1.詳細測定装置(ロボット部)

全体測定で異常値を示した測定物は、前後伸縮機能を有する測定装置を搭載したロボットにて、輪郭形状に合わせて詳細に放射線量を測定。


 

3-2.詳細測定装置(コンベヤ部)

全体測定で異常値を示した測定物は、分割された測定装置にて測定物底面の放射線量を詳細に測定。

TOP